CRL認証制度・クリーンウッド法

CRL認証制度

クリーンウッド法

どちらも聞き慣れない言葉です。【クリーンウッド法】については、国の法案なので林業に係わる方はご存じの方も多いと思いますが、【CRL認証制度】は鹿児島県独自の素材生産事業体認証制度です。

そして、どちらの制度も信頼される国産の木材を生産流通させるために作られ適用されています。

鹿児島県は森林資源が充実していますが、近年の木材需要の増加に伴って、誤伐や違法伐採に近い作業(大型重機によって道路や水路が壊されたり、伐採後の山処理が不十分で土砂が流出するなど)によるトラブルが増えています。            これらトラブルは、一部の心ない業者の作業によって引き起こされているのですが、これ以上トラブルを起こさないよう鹿児島の林業界自らが行動を起こし独自の制度を作りました。

CRLのガイドラインは細かく(60項目ほど)行動規範が明記されています。どれも当たり前の事なのですが、改めて項目を見してみると、素材生産事業体として、その責任に身の引き締まる思いがします。

駿河木材(有)は
地域の人々と一緒に健康な山づくりをします。
同時に 健康な山づくりを通して地域の人々の命を守っていきます。
地域の人々とは、私達とこれを読んでいるあなたです。

この弊社理念に賛同下さる皆様とのご縁がありますことを心より願っております。

 

 

 

関連記事一覧

  1. SDGs木育
  2. 実習風景
PAGE TOP